慢性的

明るくない所だと光量不足によってものが見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに多くのエネルギーがかかり、日の差す所でモノを見るよりも疲れるのが早くなります。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術」というふたつの治療方法が精力的に採用されています。
70代以上のお年寄りや慢性的な病のある方などは、目立って肺炎を発病しやすく治りにくいという傾向があるため、事前に予防する意識や迅速な処置が重要なのです。
肝臓をいつまでもきれいに維持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が落ちないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング術をおこなうことが有効です。
インフルエンザ(流感)に適応した効果的な予防策や治療方針も含めた基本の対処策というものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも同じなのです。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊すなど、皮ふに悪影響をもたらすことになります。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種があるのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓が分泌する解毒酵素の自然な製造を助けているのではないかという可能性が見えてきました。
グラスファイバーで作られたギプスは、非常に丈夫で軽いのに長く使うことができ、なんと濡れてもふやけずに使えるという長所があるので、現在用いられるギプスの定番です。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸やトコフェロールなどとは違っており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、加えて細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。
チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果において、体の大きな成人に比べて若い子どものほうが風に流されてきた放射能のダメージをより受容しやすいことを痛感します。
ピリドキサミンには、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギーを活用するのに欠かせない重要な回路へ取り込むため、輪をかけてクラッキングさせるのを促すという働きもあると言われています。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、日常生活のストレス、加齢など多様な素因が集合すると、インスリン分泌が衰えたり、働きが衰えたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病に罹患するのです。
スギ花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜よく眠れないと、それが引き金となって睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの業務内容にダメージを及ぼすことも考えられます。
30才から39才までの間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(POF)」という病気のことを指します(この国では40才未満の女性が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義しています)。