音声

塩分と脂肪の大量摂取を中止して簡単な運動に尽力するだけでなく、ストレスの多すぎない日常生活を心がけることが狭心症の誘因となる動脈硬化を未然に防止するポイントなのです。
高齢化による耳の聞こえ辛さは段階を経て聴力が低下するものの、一般的に還暦を超えてからでないと耳の衰退をはっきり自覚できないものです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療従事者ではない非医療従事者でも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに手当することで、心室細動に対しての緊急処置の効き目をみせます。
体脂肪量に変動が無いのに、体重だけが食物摂取や排尿などにより一時的に増減するような時には、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上昇するのです。
複雑骨折してたくさん出血した際は、血圧が下がって眩冒やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失などの脳貧血が起こることがよくあります。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒が強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。
「常に時間に追われている」「上辺だけの付き合いが嫌でしょうがない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される元凶は一人一人違うようです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、数多くの研究により、予防効果が望めるのは注射の約2週間後から約5カ月くらいだろうということです。
グラスファイバーで作られたギプスは、衝撃に強くて重くなくて長期間の使用に耐えることができ、なんと濡れても壊れずに使えるという特長があるため、現代のギプスの人気製品です。
20〜30才代で更年期になったとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病を指します(日本では40歳未満の女の人が閉経するケースをPOFと定義付けています)。
内臓脂肪症候群とは言われなくても、臓器に脂肪が蓄積してしまう性質の体重過多を抱えてしまう事に縁り、辛い生活習慣病を発症しやすくなります。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが皮ふの病気を招くとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日焼けサロンを利用することの禁止を主に先進国に求めている最中です。
もう歯の表面を保護している骨を脆くさせるまでに拡がってしまった歯周病は、多分炎症そのものが安定したとしても、失ったエナメル質が元通りに復活するようなことは無いということを頭に入れておいてください。
ハーバード医科大学の調査結果によれば、1日あたり2杯以上はデカフェのコーヒーを代用することで、恐ろしい直腸癌の罹患率を半分以上減少させたという。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞などの非常に多くの生活習慣病の合併症を誘引する可能性があることをご存知でしょうか。