膵臓

我が国における結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準拠して進行されてきましたが、平成19年からは結核以外の感染症と供に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して実行される運びとなりました。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌するβ細胞が壊されてしまうことにより、あろうことか膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなってしまって発症に至る種類の糖尿病なのです。
耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別できますが、中耳の部分に細菌やウィルスがうつることで発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。
AEDとは医療従事者ではない一般の人にも使う事のできる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順通りに動くことで、心臓の心室細動に対しての治療の効き目を実現します。
いんきんたむしという病気は20代〜30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、よくあるパターンとしては股間部にだけ広がり、体を動かしたり、風呂上りのように体が温まった時に強烈なかゆみを誘引します。
子供の耳管の特徴は、大人のそれに比べて太目で短めの形で、加えて水平に近いため、様々なばい菌が入り込みやすくなっています。幼い子供がよく急性中耳炎になるのは、これが関係しています。
耳鳴りは分類することができて、当事者にしか感じられないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンなどを使うと聞こえてくるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
高齢の方や慢性的な疾患を患っている人は、殊に肺炎に罹りやすく完治までに時間がかかると言われているので、常日頃の予防や早め早めの治療が大切です。
「体脂肪率」というのは、体内における脂肪が占める比重のことであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight)×100」というシンプルな数式で求めることができます。
スギ花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜しっかり眠れないと、そのために睡眠不足になり、翌日目覚めてからの仕事に悪いダメージを与えることも考えられます。
一旦永久歯の表面を保護しているエナメル質を溶かすまでに酷くなってしまった歯周病は、多分炎症が落ち着いたとしても、エナメル質が元通りに復元されるようなことはまずありません。
吐血と喀血、両方とも血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血する症状を指します。
杉花粉が飛散する春に、まだ小さな子どもが発熱はみられないのにくしゃみを連発したり水のような鼻みずが止まらないような症状だったなら、『スギ(杉)花粉症』の可能性が高いといえます。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに深く関わっている酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する要素として絶対なくてはならないミネラルなのです。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適応している効果的な予防法や手当等の原則的な対処策というものは、季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。