産出活動

鍼灸のはりを患部に刺す、という物理的な程よい刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号の伝達を誘引するという見解が広まっています。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、脳梗塞などの多くの病の因子となる可能性があるといわれています。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓から分泌される解毒酵素自体の産出活動を促しているかもしれないという新たな真実が判明してきたのです。
アルコールを分解するという作用のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに有効な成分です。ゆううつな宿酔の原因とみられるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも携わっています。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がみられず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等によって一時的に増減する場合は、体重が増えた方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで外気に振りまかれ、空中にふわふわ漂っているのを違う人が空気と一緒に吸い込むことで次々に感染していきます。
V.B6は、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要となる重要な回路に取り込ませるために再度細分化することを促進するという動きもあります。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番よくある中耳炎で小さな子どもに起こりやすい病気です。強い耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの様々な症状がみられます。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常により出る湿疹で、分泌が乱れる主因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが関わっているのです。
悪性腫瘍である卵巣がんは、正常ならば人の体をがんから保護する働きを持つ物質を生み出すための鋳型ともいえる遺伝子の異常によりかかってしまうと言われています。
「肝機能の衰退」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値で確認することができますが、ここ数年の間に肝機能が衰退している人々が明らかに増加傾向にあるとされています。
男性だけにある前立腺はその成長や活動にアンドロゲンがとても大きく関係しており、前立腺のがんも同様、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きを受けて大きくなってしまうのです。
毎日のように肘をついた横向きの状態でテレビを眺めていたり、長時間頬杖をついたり、踵の高い靴などを履くというようなことは身体の上下左右の均衡を悪くする大きな要素になります。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの防御、色々な覚醒などをコントロールしていて、うつ病(単極性気分障害)の患者さんではその活動が弱いことが科学的に判明している。
自転車の転倒事故や屋根からの転落など、著しく強い圧力がかかった場合は複数のポイントに骨折が生じたり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は臓器が破損することもよくあります。