産出

フィトケミカル(phytochemical)の類であるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という有機硫黄化合物が、肝臓が分泌する解毒酵素の機能的な産出を促しているかもしれないという事実が見えてきました。
現在の手術室には、御手洗いや器械室、手術準備室を設置し、手術中に撮影するためのX線装置を用意するか、近辺にX線装置のための専門室を設置しておくのが常識となっている。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在している血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまったことで、残念なことに膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなり発病してしまうタイプの糖尿病なのです。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせないタンパク質など、激しいダイエットではこの2つに代表される様々な活動をキープするために絶対必要な成分までも乏しい状態にする。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内における脂肪の付いているパーセンテージであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キロ)×100」という数式で弾きだせます。
暗い場所だと光量不足によりものが見えにくくなりますが、より一層瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに多くの力が使われ、日の差す所でものを見るよりも疲労がおおきくなります。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の後追い調査のデータから、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが漏れてしまった放射能の深刻なダメージを受けやすくなっていることを痛感します。
インキンタムシというのは、医学上は股部白癬と称されている、かびの仲間である白癬菌が股部や陰嚢、尻などの場所に何らかの理由で感染してしまい、定着する病気の事であり簡単に言うと水虫のことです。
ピリドキサミンは、多種多様なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーを活用するのに必要となる重要な回路に取り込むために一層化学分解することを助けるという機能もあると言われています。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科治療としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術(CABG)」の双方の手段が頻繁に実施されています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許切れの後に市場に出回って、新薬に等しい成分で金銭的な負荷の小さな(クスリの金額の高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
グラスファイバーで製造されたギプスは、丈夫で軽い上にとても長持ちし、濡らしてしまっても使用できるという特長があるので、現在の日本のギプスのメインと言っても過言ではありません。
汗疱というのは掌や足裏、又は指の隙間などにブツブツの水疱がみられる皮膚病で、世間一般ではあせもと言われており、足裏に出現すると足水虫と思い込まれる場合もままあります。
基礎代謝量というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを指すのです。
目と目を合わせることなどで、本人が犬のことを可愛いと感じる時にホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスを低減したり癒やしに繋がっているのです。