タバコ

ダイエット目的で摂取カロリーの総量を抑える、食べる量を落とす、こんな暮らしのスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらすことは、色んな媒体で危惧されていることです。
目と目を合わせることで、被介護者が猫のことをすごく愛おしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレス緩和や癒しに結びつくのです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・お酒を毎晩飲む事・隠れ肥満などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどによって、殊に日本人に増加しているという疾患なのです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの草木の花粉が素因となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を齎す病気として広く認識されています。
子どもの耳管の構造は、大人に比べて太くて短い形で、かつ水平に近いため、様々な菌が進入しやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、これが関わっています。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの正常な創造を支えているかもしれないという事実関係が明らかになってきました。
年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さにおいては段階を経て聴力が低下していくものの、普通は還暦過ぎまでは聴力の減退をはっきり認識できません。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関するその後の後追い調査の結果では、体の大きな成人よりも子供のほうが放出された放射能の有害なダメージをよく受けることが判明しています。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もしなくても燃えてしまう熱量のことですが、大半を体中の骨格筋・最大の臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が消費しているということをご存知ですか?
肥満というのはもちろんあくまで摂取する食物の種類や運動不足が主因ですが、一緒の量のごはんであれ、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで肥満の状態を招きやすくなります。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、約1週間きちんと服薬すれば、普通、ほとんどの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が快癒したことを意味しないので留意してください。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭まり、血流が途切れ、欠かせない酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋細胞そのものが機能しなくなるという大変深刻な病気です。
クシャミや鼻水、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛び散っている量に比例したように悪化してしまうという特徴があるのです。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が出ることがあるのでさほど深刻な病ではありませんが、発作が何度も続けて起こるケースは危険だといえるでしょう。
ばい菌やウィルスなど病気を導く微生物、即ち病原体が口から肺の中に潜り込んで発病し、左右いずれかの肺が炎症反応を露呈している様子を「肺炎」というのです。