支配されるとか

求心力がないのは、民主党議員それぞれが向上心とかそういうのがないからではないでしょうかね。  
随分と野党は公明党に期待しているが、

私には結局なんやかんやで初期の集団的自衛権容認を色々やって八割強にする程度で納得して賛成するのではないかな と思います。
人によっては自民党は公明党に支配されるとか危惧しているようですが、私には逆で自民党が公明党を支配しているように感じている人間ですの で、葬儀 千葉公明党は結局自民党の勢いに逆らう事なく少し削って本来のものから八割強にする、そしてそうなるのも自民党の予想通りで事が進むのではないのかな、な んて考えてしまいます。  
前々から述べさせて頂いていますように、私は集団的自衛権議論は拙速にならず、時間をかけすぎだと言われるレベルぐらいじっくり時間かけてやる べきだと思っています。現行から変えると言って一年やそこらの議論でおいそれと変えるのは間違いではないかなと思います。