名言しているのに

徴兵制ですか。たぶん、間違いではないと思いますが、徴兵制がどうのこうのと騒いでいるのは政治家でも官僚でも専門分野として日々研究している方々でも

なんでもない私のようなズブの素人だけですよね。
安倍内閣総理大臣はないと名言しているのにいつまでも、しっかり議論をするならばまだしもただ騒ぐだけと いうのは流石にねぇ…。  
で、この伊藤弁護士は憲法から、13条及び18条を根拠に徴兵制は導入は極めて厳しいと解説しております。
この伊藤弁護士の解説は間違いではあ りません。ですが、18条の内容で徴兵制による兵役が直ちに苦役にあたるかどうかは微妙なものです。
『意に反する苦役』の『本人の意思に反して強制される 労役』という解釈ですが、その解釈はその条文の一つの種類に過ぎず、政府見解は徴兵制は憲法で禁止されているとしていますが、集団的自衛権の適用のように 解釈変更したらかなり危うい状況になります。安心してはならないでしょう。  
しかしそれでも徴兵制は導入されないと私は思います。理由は前々から書かせておりますように、士気のない兵士を前線に送ったところでいたずらに 犠牲者を増やす事になるだけですし、そもそも昔のような徴兵して訓練多少やってですまされるようなものではない。