しかし…

今日は職場の健康診断。

職場が医療機関だと話が早いわけですなw
今年で35になるので血液検査だの心電図などが追加だぜ!w

しかも血液検査に関しては「朝飯くってくんな、コーヒーもジュースもダメ!」というお達し…

しかも早出とか!なんのいじめか!!wとボヤいてたら昨日の時点で変わってもらえましたがw

しかしだ…

朝飯食わないで空腹なのでつい「終わってから喰う分と昼飯の分と…」と思って買いすぎたw

慣れないことはするもんじゃねーなw
胃透視(バリウム)はまだなんや。
自分たちが職場で受ける診断では血液だけなら絶食はしなくて良いのでかなり厳密なんですね。
初体験とはエロくて甘美な響き。自分のところは30才以降でバリウムなので前日夜から絶食でした。場所によるんですねぇ~。

考古学というものはやはりロマンがありまして。

大分前も三国志の英雄・曹操のお墓が見つかった、とか。

そして生物考古学の花形といえばやはり恐竜なのですよ!

巨体!角!二足歩行!!コレをロマンといわずなんといおう!w

そして今でも考古学は新しい発見の度に情報がアップデートされておりますな~。

ワタシの子供の頃の恐竜辞典ってティラノサウルス尻尾引きずって歩いてたんだぜ…w

で、最近恐竜カンケイで驚いたのはタイトルのこと。

始祖鳥より数万年前にもっと飛ぶ性能を持った羽毛恐竜の存在が明らかになり、「ァレ?始祖鳥ってコレ退化してんじゃね?」という話になったらしい…w

「恐竜はほとんど鳥の仲間」ってことになっているそうで、古いことなのに新しい発見がある…というのはすごいことだよなぁ…

「 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」をちょっと読んでみたいんだけど…図書館にあるのかな…?