コストは変わらない。

脱原発で考えなければならないのは、1つに燃料高騰による経済負担。
貿易赤字7兆円のうちの過半数、

3兆6千億が原発停止によるコストアップの影響により負担増となっている。
当初、ウランの輸入は石油輸入とコストは変わらない。
だから原発のほうが安いなどというのは幻想だ、というのが脱原発即時停止派の言い分だった が、資源を必要とする頻度の問題なのだということを見落としている。ガソリンならどこの国でも必要だが、不倫調査 鳥取ウランは原発を持つ国でなけれは必要ではない。競 合相手がより多い方が高くなるに決まってる。現に、現在の石油もガスもジャパンプレミアムと称する値段の釣り上げが行われ、円安円高に関係なく高値止まり を引き起こしているではないか。そこに思考を及ぼせないのであれば、愚かと言う他にない。 二つ目に、代替エネルギーの存在。菅直人政権の頃、ソフトバンクと組んでソーラー発電を推進するという動きがあった。間もなく潰れたのは、コスト パフォーマンスの劣悪さと発電量の少なさによるものだ。