職業安定所

せっかく就職はしたけれど、その職場が「こんな会社のはずではなかった」、「退職したい」そういうふうに思っちゃう人は、いつでもどこにでもいて珍しくない。

「自分が養ってきた能力をこの職場なら有効に利用できる(会社に役立つことができる)」、つきましては先方の会社を目指しているといった動機もある意味では願望です。

結果的には、職業安定所での職業紹介で就職決定するのと一般の人材紹介会社で入社を決めるのと、両陣営を両用していくのがよい案ではないかと思われます。
【知っておきたい】離職するまでの覚悟はないけれど、なんとかしてさらに月々の収入を増やしたい場合なのであるなら、まずはとにかく資格取得を考えるのも有効な戦法かもしれないと思う。

【応募する人のために】選考の一つの方法として応募者だけのグループディスカッションを導入しているところは多い。この方法で面接ではわからない個性などを調査したいというのが目的だろう。